スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“エロ面白い”女子にウケる「昭和のエロス」(産経新聞)

 昭和の邦画史上に一時代を築いた成人映画シリーズ「日活ロマンポルノ」。おじさん世代の青春をピンク色に彩った一連の名画が、平成の時代になって、若い女性たちの関心を引きつけているらしい。静かなブームを背景に、過去の名作をアレンジした「平成版ロマンポルノ」も近く公開予定。いまどきの女子に「昭和のエロス」が受ける理由とは…?

 「色情姉妹」「大人のオモチャ ダッチワイフ・レポート」-。扇情的かつ直球勝負のタイトルがプログラムに並ぶ。1月中旬、東京・渋谷の名画座「シネマヴェーラ渋谷」。ロマンポルノを支えた監督の1人、曽根中生(ちゅうせい)の特集上映だ。

 午後7時スタートの回で、客席には約60人。往年を懐かしむ中高年男性は少数派で、むしろ若い世代が多い。女性は十数人ほど。グループやカップルより、1人の姿が目立つ。

 「色情姉妹」は、すさみ切った家庭に育つ3姉妹の奔放な性やたくましい生き方を描いた作品。「大人の~」は、高性能ダッチワイフの製作に情熱を燃やす医師をめぐるコミカルな一品だ。

 10分に一度、必ず挿入される「カラミ」のシーンもさることながら、独特のストーリーに引き込まれる。特に後者はシュールで予測不能の展開に、館内は爆笑の連続だった。

 女性客に感想を聞いてみた。

 「突っ込みどころ満載で面白かった。ポルノといっても、今時の映画のラブシーンで普通にやってる程度で、あまり気にならなかった」と話すのは、見た目今風の女子大学生(22)。また、ロマンポルノは何作も見ているという女性会社員(33)は「『エロ面白い』というか、B級映画的な魅力がある。若い人はみんな、そういう見方で楽しんでいるのでは」という。

 昭和後期の20年足らずの間に1100本余りが製作されたロマンポルノ。「10分に一度のカラミがあれば、あとは何でもあり」の自由さから若い才能の登竜門となり、「おくりびと」でアカデミー賞を受賞した滝田洋二郎氏をはじめ、周防正行、相米慎二の各氏ら、幾多の名監督を送り出している。

 また、「蒲田行進曲」などで知られる風間杜夫氏や美保純さん、宮下順子さんら、名優も輩出している。

 シネマヴェーラ館主、内藤篤さん(51)も後期のロマンポルノを同時代で体験した世代。「サスペンスも時代劇もコメディーもあり、すべてのジャンルを飲み込んでいる。作り手のにおいが濃厚に出る」と魅力を語る。同館は、3月にもロマンポルノ計26作品を特集する予定だ。

 内藤さんによると、ロマンポルノ上映では、確かに女性客が増える傾向があるという。「普段は(女性客は)1割くらいだが、2割くらいになる印象がありますね」。

 東京都杉並区の「ラピュタ阿佐ケ谷」も、ロマンポルノ上映で知られる映画館だ。普段は男性客が多いというが、ここ数年で催したロマンポルノ特集では、ほぼ半数が若い女性だったという。

 同館支配人の石井紫(ゆかり)さん(30)は「男性は昔見ていた世代の人が多いが、女性は若い人が中心。私たちよりも、むしろお客さんの方が驚いていたのでは」と話す。

 なぜ今になって、女性にロマンポルノが受けているのだろうか。

 ロマンポルノに詳しい映画ライター、真魚(まな)八重子さんは「当時から純粋に一映画として非常に高評価の作品はあったが、女性には敷居が高かった。閉ざされていたところに何か面白いものがあるらしい、となれば、好奇心がわくのは当然」と話す。

 名画座での上映や、DVDがレンタル店で一般作扱いされるなど、女性が手に取りやすい環境が整ったことが大きく、再評価の動きはかなり以前からあったという。また、インターネットの普及で口コミ的な評判が広がり、ロマンポルノに興味を持つ女性も多いとか。

 真魚さんは「主人公は女性が多く、本来は女性にとって大事な分野の映画。主人公と自分を重ね合わせたり、反発したり、感情が揺り動かされる魅力がある」。大阪の労働者の街に生きる売春婦を描いた「(秘)色情めす市場」が真魚さんの一押し作品だ。「分野を超えて、人に影響を与える傑作」と絶賛する。

 ラピュタ支配人の石井さんは、一般映画としての魅力に加え、「女性でも、ちょっとエロは見てみたい、という好奇心はあるでしょうし」。同じ「エロ」で共通する1960年代のピンク映画を特集した際も、やはり女性客が多かったという。

 もっとも、ロマンポルノの上映環境はなかなか厳しいようだ。都内ではシネマヴェーラとラピュタのほかは、新橋や浅草などの昔ながらのピンク映画館で、細々と上映されている程度だ。しかも、“受け”はいまいちだという。

 配給会社「新日本映像」の稲山悌二社長は「エロが見たいなら今時、他に手段はいっぱいある。『まどろっこしいのは抜きで、早くカラミを見せろ』という声が多くて…」と苦笑する。

 同社は昨年、約400本あったロマンポルノのフィルムの約半数を廃棄した。「年々引き合いが減っているうえ、劣化で上映に耐えなくなったから」(同社)という。

 ネガはあるので再プリントはできるが、相応の費用が必要。「映画ファン全体から見れば、一部の人しか喜んでみていないということでしょうが…。何とも、もったいない話」(内藤さん)と、惜しむ声も多い。

 一方で、明るい話題もある。22年ぶりのロマンポルノ“新作”が、2月にお目見えするのだ。

 ロマンポルノ第一作「団地妻 昼下がりの情事」と、人気歌手の衝撃的なポルノ転身で注目された「後ろから前から」。この名作2本を、「ロマンポルノ・RETURNS」と銘打ち、同タイトルながら現代風にアレンジして新たに撮り直した。

 「団地妻」は、団地を舞台にした主婦とセールスマンの危険な愛をめぐる物語。「後ろから~」は、オリジナルの暴走族から、タクシー運転手に主人公の設定を移した。劇場では、2作とも東京・渋谷の単館映画館「ユーロスペース」で公開される予定だ。

 日活の担当者は「現代は過激でわかりやすい性表現があふれているが、あえてこの時代に『エロ』ではなく『エロス』を提示した。五感や想像力を駆使して、ロマンポルノならではの物語を存分に味わってほしい。女性や若い人にも、気軽に見に来てもらえれば」と話している。

【関連記事】
ギャラ高い? 復活ロマンポルノ低予算でも1500万円
ジュニアアイドルが衝撃実態激白、アレがバレた瞬間…
にっかつロマンポルノが“復活” 22年ぶり、2作品を公開
「神代監督の世界知って」ロマンポルノ名作など出身地佐賀の映画館が特集
「ロマンポルノと実録やくざ映画」樋口尚文著

<雑記帳>早くも節分にちなんだ「鬼ダイバー」 山口(毎日新聞)
「QCサークル活動」発表会を開催-東京都(医療介護CBニュース)
30道府県は追試実施=高校入試のインフル対策-文科省(時事通信)
朝青龍「残念な行動」=相撲協会に報告求める-文科相(時事通信)
<偽造1万円札>仙台の繁華街で8枚見つかる(毎日新聞)
スポンサーサイト

アキバの安全・安心を、街頭に防犯カメラ16台(読売新聞)

 東京・秋葉原で17人が死傷した2008年6月の無差別殺傷事件を受け、秋葉原地区の町会の一つが26日、同地区で初めて街頭に防犯カメラ16台を設置した。

 秋葉原電気街振興会も3月までに、事件が起きた中央通りを中心に34台を設置する予定。事件後に中止された歩行者天国は再開のメドが立たないが、住民らは「まず、アキバの安全、安心をPRしたい」と話している。

 防犯カメラを設置したのは千代田区の神田末広町会。事件現場から約100メートル離れた雑居ビルやマンションが立ち並ぶ地域で、小学校の通学路もある。設置費用約1035万円のうち町会が約285万円を支出し、残りを区と都が補助した。

 秋葉原では事件後、住民や区、電気街、商店街、警察などが街のにぎわいを取り戻すための検討会を開いてきたが、歩行者天国の再開を巡って意見が分かれた。このため関係者はできることから協力し合おうと、カメラ設置を検討してきた。

 26日の運用開始式典で、同町会の久保勝会長(72)は「少しでも犯罪の抑止力になればと思う。子供たちや買い物客の安心のために役立てたい」とあいさつした。

 プライバシー保護のため、モニターは地区の施設内で施錠して保管。映像記録は一定期間保存した後、自動消去する。映像は非公開で、捜査機関から法的手続きに基づく要請を受けた時のみ応じるという。

 同事件で殺人罪などで起訴された元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(27)の初公判は28日、東京地裁で開かれる。

鳩山邦夫氏を政倫審に呼ばず(産経新聞)
「官房長官のマスコミ批判おかしい」自民・浜田氏(読売新聞)
政教分離訴訟 「市有地に無償で神社」は違憲 最高裁(毎日新聞)
「斟酌の理由ない」に反発=沖縄出身議員(時事通信)
「筋力弱い」鑑定結果提出=勝木被告の弁護側-千葉女児殺害(時事通信)

3月18日に新証人尋問…羽賀研二被告控訴審(スポーツ報知)

 未公開株の譲渡をめぐる3億7000万円の詐欺と恐喝未遂罪に問われた元タレントの羽賀研二(本名・當眞美喜男)被告(48)と、恐喝未遂の共犯とされた元プロボクシング世界王者の渡辺二郎被告(54)の控訴審第2回公判が21日、大阪高裁で行われた。1審では、羽賀、渡辺両被告とも無罪。検察側が控訴していた。

 この日の公判で検察側は、羽賀被告と共謀した恐喝未遂罪で懲役3年6月が確定し、現在服役中の暴力団関係者・初鹿勇二受刑者(59)を、1審に続き、証人尋問した。また、渡辺被告の弁護人によると、検察側の新証人の尋問が、3月18日に行われることが判明した。新証人は体調に不安があることから、那覇地裁での出張尋問になる予定だという。新証人の証言が注目される。



 【関連記事】
羽賀研二被告また涙…未公開株譲渡詐欺・恐喝未遂事件控訴審
長谷川157秒殺でV8!3戦連続KO勝ち!…WBCダブル世界戦
未公開株 未遂罪 羽賀研二 を調べる

<中津川5人殺害>2審も原被告に無期判決 名古屋高裁(毎日新聞)
キムタクTVや安定志向…検察事務官が人気就職先、大卒が殺到(産経新聞)
<生駒市長選>山下真氏が再選(毎日新聞)
財務省改革でチーム設置=4月までに具体策提言-菅財務相(時事通信)
普天間代替 退路断たれた政府 「5月決着」微妙に(毎日新聞)

名護市長選 稲嶺氏初当選 移設反対派が勝利 鳩山政権、代替案急務に(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題を最大の争点とする同県名護市長選は24日投開票され、移設反対を掲げた新人の元市教育長、稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新、沖縄社大推薦=が、現職の島袋吉和氏(63)=公明支持=を破り、初当選した。日米合意に基づき、普天間飛行場を名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部へ移設する現行計画は実現困難となった。投票率は76・96%で、前回(74・98%)を1・98ポイント上回った。

 政府・与党は、普天間問題で5月までに移設先を決定する方針。平野博文官房長官は24日、都内で記者団に対し「市民の声を受けて首長が誕生したという結果は結果として受け止める」と述べ、移設反対の民意を尊重する考えを示した。

 政府は、沖縄基地問題検討委員会(委員長・平野長官)で普天間問題を検討し始めたばかりだが、現行計画も選択肢の一つとして含みを残してきた。だが今後は、現行計画を議論のテーブルに乗せるのは困難だ。

 稲嶺氏は同日、「辺野古の海に基地を造らせないという約束で戦った。公約を信念を持って貫く」と述べており、今後は、県内で「国外・県外移設」を求める声が強まるのは確実だ。

 条件付きで移設を容認する立場で、落選した島袋氏を支援した仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事は同日、「辺野古に移設するかどうかは政府が200%決めることだ。与党の検討委員会の結果を待つ」と述べ、決断の責任が国にあるとの立場を強調した。平野氏も同日「移設先は日本政府が判断しなければならない」と語った。

 政府は、辺野古に代わる新たな移設先の検討作業を急ぐが、米国が計画変更に応じる見通しはなく、普天間飛行場の移設自体が白紙に戻る危険性がある。

 普天間問題では、平成9年に行われた名護市の住民投票で移設受け入れ反対が賛成を上回ったものの、10年、14年、18年の市長選ではいずれも移設容認派が当選してきた。

【関連記事】
揺らぐ沖縄 自治体に「安保」委ねた首相
普天間決着、再び先送りか 首相の責任論も
選択迫られ分断 辺野古の住民に葛藤と怒り
辺野古移設の是非に審判 名護市長選24日投開票
「辺野古反対は生命線」社民党大会で意見相次ぐ

<雑記帳>遠野の「語り部」289人を認定(毎日新聞)
<皇太子ご夫妻>神戸入り 震災追悼式典に出席のため(毎日新聞)
<伊達市長選>仁志田昇司氏が再選(毎日新聞)
ベッド付近燃え81歳重体 大阪の市営住宅(産経新聞)
32歳女性押され転倒、4000円入りバッグ奪われる 大阪(産経新聞)

「小沢さん個人の問題」 民主参院議員ら無言通す(産経新聞)

 「政治とカネ」の問題に民主党が揺れる中、18日、通常国会の召集日を迎えた。政権交代後初めて予算を審議する国会で、与野党が激突。民主党の小沢一郎幹事長の側近3人が逮捕された事件に、会期後の参院選に臨む議員らは「小沢さん個人の問題」と話す一方で、無言を通す議員がほとんどだった。

 18日午前、国会内で開かれた民主党の参議院総会。開会前、小川敏夫氏=東京=は「いまはまだ小沢さん個人の問題。いい話ではないが決定的ではない」とした上で、「政府、与党が日本の困難な状況の活路を見いだすことが本筋だ。まずは補正予算と本予算を通すことが必要だ」と強調した。円より子氏=比例代表=は記者の問い掛けに「コメントできない」。蓮舫氏=東京=も沈黙したまま会場を後にした。

 総会では、自身も夏の選挙を控える輿石東参院議員会長が「7月には待ったなしにわたしたち自身の選挙がある」「民主党の真価が問われる。この難局に一糸乱れずに結束していこう」と訴えた。

「事実包み隠さず話した」=改めて徹底抗戦の姿勢-小沢氏、聴取後急きょ記者会見(時事通信)
<掘り出しニュース>100歳の佐々木佼さん「電柱で死ねたら本望」 現役街灯保守人(毎日新聞)
右車輪出ないまま着陸=羽田空港(時事通信)
18年ぶり対峙「反省していないのですか」と菅家さんの声に、元検事は謝罪せず 足利再審(産経新聞)
「大阪にカジノを」橋下知事、ベトナム・シンガポール視察へ出発(産経新聞)

<陸山会土地購入>石川議員「黒いこと一切していない」(毎日新聞)

 「陸山会」の土地購入を巡る事件で逮捕された石川知裕衆院議員が「後援会の人たちに迷惑をかけて申し訳ない。虚偽記載は認めるが(ゼネコンから)金を受け取ったり黒いことは一切していない。それだけは信じてほしい」と話していることが分かった。18日接見した弁護士が明らかにした。進退に関する言及はなかったという。

 弁護士によると、石川議員は比較的元気な様子で、東京地検特捜部には中堅ゼネコン「水谷建設」との関係を中心とした取り調べを受けているという。小沢氏の手持ち資金4億円を受領しながら04年の政治資金収支報告書に記載しなかったとされる逮捕容疑を認め「(小沢氏が)そんな大きなお金を持っていたことは、できるだけ表に出ない方がいいと思った」と供述しているという。

【関連ニュース】
虚偽記載:「大久保秘書に報告」石川議員、認める供述
虚偽記載容疑:3人の拘置決定 「陸山会」の土地購入巡り
石川議員逮捕:土地購入原資「小沢氏が相続の金」
石川議員逮捕:報道陣を規制 民主党大会
陸山会土地取引:小沢氏側関係先を捜索へ 石川議員再聴取

党の代表として「戦ってください」 官房長官が説明(産経新聞)
インフル第3の治療薬「ラピアクタ」発売へ(読売新聞)
新名物「出雲おろち大根」初収穫 魚、肉料理の薬味にぴったり(産経新聞)
与党「政策実現」、野党「小沢氏追及」=論戦へ決意(時事通信)
大学入試センターの追試験は972人に(産経新聞)

政権交代で再生可能に=日航更生法申請-菅財務相(時事通信)

 菅直人副総理兼財務相は19日夕、日本航空の会社更生法申請について「政権交代があったから透明性の高い形での再生に踏み切れる。過去の政権が再生に失敗してきた中で再スタートとなる」と述べ、企業再生支援機構の管理下で抜本的な経営改革を進める方針を強調した。同社の経営悪化の原因については「親方日の丸の体質や政治的、行政的な関与があった」と指摘した。財務省内で記者団の質問に答えた。
 日航が法的整理になったことについて財務相は「支援機構は早い段階から法的整理を検討し、わたしも理解していた。税金を使うので透明性の高い形が必要だ」と説明。運航継続に対する不安については「事業が継続できるように必要な資金はきちんと用意する」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

<ハイチ大地震>国際医療救援団体、医師ら派遣(毎日新聞)
公用パスポート悪用か 警視庁が捜査員派遣 偽装日系比人の密入国事件(産経新聞)
<原発建設>反対住民の妨害禁止を命じる…山口地裁岩国支部(毎日新聞)
預貯金感覚で「ギフト」ゲット…「株主優待」魅力ある分リスクに注意(産経新聞)
4歳児虐待死の母に懲役6年=神戸地裁支部の裁判員裁判(時事通信)

殺人否認の被告、3月に公判=裁判員裁判で初-静岡地裁(時事通信)

 静岡地裁(原田保孝裁判長)は18日、スナック経営の女性を殺害したとして殺人罪に問われている無職小田義雄被告(60)に対する裁判員裁判の審理日程を3月9~12日、同15~18日の計8日間と決めた。小田被告は起訴内容を否認しており、犯人かどうかが争われる殺人事件の裁判員裁判の公判期日が決まったのは初めて。
 9日午前に裁判員と補充裁判員の選任手続きを実施、同日午後の初公判から6回の公判で証人5人の尋問や被告人質問などを行う。18日午後に判決を言い渡す予定。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
無期求刑の男に懲役20年=裁判員、結審日判決「もう少し時間を」
「気負わず、職責全う」=白木新判事が就任会見
裁判長「実刑意見あった」と説諭=猶予判決、評議に言及
荷役業者殺害で懲役17年=裁判員「裁判官だけなら15年かも」

バイアグラ 模造品販売容疑で弘道会系組幹部逮捕 愛知(毎日新聞)
<陸山会土地購入>石川議員「黒いこと一切していない」(毎日新聞)
ネット提言に関心=「まじめな提言多い」-鳩山首相(時事通信)
民主党・山岡国対委員長、補正予算の衆院採決は「25日」の方針示す(産経新聞)
「犠牲者の分、精いっぱい生きる」=「1・17のつどい」に8000人(時事通信)

那覇市職員、収賄容疑で逮捕=手抜き工事見逃し数十万円-沖縄県警(時事通信)

 那覇市発注の道路補修工事で手抜き工事を見逃した見返りに、業者から現金数十万円を受け取ったとして、沖縄県警捜査2課は16日、収賄容疑で同市建設管理部道路建設課主査、仲地功容疑者(53)=同市首里石嶺町=を逮捕するとともに、贈賄容疑で建設会社「玉井建設」社長、座安徹容疑者(42)=豊見城市我那覇=を逮捕した。
 同課によると、仲地容疑者は大筋で容疑を認め、座安容疑者は一部を否認しているという。 

【関連ニュース】
年間売上高4割を受注=収入減恐れ市長に工作か
山梨・上野原市長に贈賄申し込み=会社社長ら2人逮捕
息子名義の口座に現金入金=滋賀県幹部の収賄事件
滋賀県幹部を収賄容疑で逮捕=部次長級、業者から850万円
守屋元次官、二審も実刑=「行政の信頼損なう」

作家の海堂さんに賠償命令=ブログで名誉棄損-東京地裁(時事通信)
「お騒がせ、率直に遺憾の意」党大会で首相(読売新聞)
<ランドセル>男子の「黒」が復活 女子は5割が「ピンク系」(毎日新聞)
民主「怖い小沢問題」語らず…渡部氏だけ悪代官呼ばわり(スポーツ報知)
【中医協】「薬剤管理指導料」の係数化は見送り(医療介護CBニュース)

戸建てなど10棟焼く、1人軽傷=ストーカー殺人の被害宅も-東京(時事通信)

 17日午前6時15分ごろ、東京都港区西新橋の住宅から火が出ているとの119番があった。東京消防庁によると、木造モルタル一戸建て住宅と隣接する飲食店が全焼するなど、全10棟の計約530平方メートルを焼いた。
 近所に住む女性(33)が煙が目に入るなどの軽傷。
 警視庁愛宕署によると、全焼した住宅では昨年8月、耳かき店勤務の女性(21)と祖母(78)が、客で女性に付きまとっていた男(41)に刺され死亡した事件があり、直後から空き家になっていたという。
 同署は、燃え方の激しい住宅と飲食店のどちらかが火元とみて特定を進めるとともに、出火原因を調べている。
 現場はJR新橋駅から西へ約600メートルのビルや商店が立ち並ぶ一角。 

【関連ニュース】
住宅全焼、3人死亡=会社員と男児か
住宅全焼、3人死亡=1人は幼稚園の孫娘か
車全焼、運転席に遺体=北九州
火災相次ぎ、2人死亡=筑西市で2件

大阪市、法人市民税26.1%減 22年度見通し 30年ぶり1000億円割る(産経新聞)
<センター試験>信州大で14分早くスタート 理科1(毎日新聞)
列凍 那智の滝も凍る 近畿各地でこの冬一番の冷え込み(産経新聞)
「俺は暴力団ナンバー2」女性を脅して乱暴 容疑のアルバイト男逮捕 (産経新聞)
コーヒー飲み、受験に全力投球(産経新聞)

当直の駅員寝坊、始発に8人乗れず…JR関西線(読売新聞)

 大阪市東住吉区のJR関西線東部市場前駅で18日、午前5時前になっても駅出入り口のシャッターが開かず、同4時59分発の王寺発難波行きの始発電車に客8人が乗れなかった。

 シャッターは同5時過ぎに開き、客は約15分後の後続電車に乗ったという。

 JR西日本によると、同駅に当直勤務していた48歳と21歳の男性駅員2人が寝坊したため。当直駅員は同4時25分に起床し、45分までにシャッターを開けることになっていた。同駅を管理する天王寺駅からの起床確認の電話も約25分遅れたため、2人は同58分に目を覚ましたという。

首相動静(1月17日)(時事通信)
<がん細胞>悪性化の仕組み判明 群馬大(毎日新聞)
<日米外相会談>ヤシの木を背景に共同会見 ハワイ(毎日新聞)
イルカの餌やりを体験=鹿児島〔地域〕(時事通信)
パトカーが民家の塀に衝突=警部補「考え事していた」-警視庁(時事通信)

次期衆院選、「公約議論は尚早」=菅氏の消費税発言に-鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は14日夜、菅直人副総理兼財務相が次期衆院選で消費税率の引き上げの是非を問う考えを示したことについて「今ここで何を公約にするとかいうことを議論するには、あまりにも早い話だ」と述べ、時期尚早との認識を示した。
 首相は「4年間は消費税を上げないとマニフェスト(政権公約)でうたって選挙を戦って勝利をいただいた。それは大事にしなければいけない」と、慎重に議論する姿勢を強調した。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

「110番の日」倉科カナさん通信指令に奮闘(読売新聞)
「無事でいて」長崎の漁船不明、無事願う家族(読売新聞)
05年4億も「小沢先生から」…石川議員供述(読売新聞)
ビル屋上からポリタンク落下=路上に過酸化水素水、3人軽傷-東京・上野(時事通信)
<民主党>「社会的弱者」団体相次いで陳情 政権交代効果で(毎日新聞)

賛否両派が協議の場に=「鞆の浦」埋め立て架橋計画-広島(時事通信)

 広島地裁が昨年10月に差し止めを命じた広島県福山市の景勝地「鞆(とも)の浦」の埋め立て架橋計画で、同県の湯崎英彦知事は11日、現地を訪れ、計画推進、反対両派の住民に「集まって議論する場」を設けることを提案した。両派とも受け入れ、来月にも初協議が開催される見通しとなった。
 知事は午前中は推進派、午後は反対派の案内で現地を視察した後、個別に意見交換した。 

真鶴ポイント
よういちのブログ
せいじのブログ
いつでも、元気な助産師です。
なんでもないこと

食道がんの小沢征爾さん「夏には元気な姿に」(読売新聞)

 初期の食道がんが見つかり、6月まで休養することを明らかにした指揮者の小沢征爾さん(74)が7日、東京都内のホテルで記者会見を開き、自ら病状などについて説明した。

 それによると、がんは昨年末に聖路加国際病院(東京都中央区)で受けた人間ドックで発見された。自覚症状などは全くなく、現在は自宅で休養し、検査結果を待っている状態という。

 国内外の30公演を降板する小沢さんは、「がんになったからといって特別な恐怖心はない。ご迷惑をおかけしますが、夏には元気な姿をお見せできると思う」と力強く話した。

 6月末で退任するウィーン国立歌劇場音楽監督として、6月までに計9回オペラを振る予定だったことについては、「まったく残念」と無念さを隠せない様子。一方、「(8~9月に長野県松本市で開催される)サイトウ・キネン・フェスティバルには、必ず良くなって戻る」と言い切った。

 同席した主治医の岡田正人医師は、「がんは(食道粘膜の)表面にとどまるごく初期のもの。治療方針はこれから決めるが、小沢さんの年齢を考え、長めの休養を勧めた」と説明した。

 小沢さんは2006年1月から半年間、帯状疱疹(たいじょうほうしん)で休養したほか、2008、2009年にも椎間板(ついかんばん)ヘルニアなどで公演をキャンセルしている。

 娘でエッセイストの征良(せいら)さんと息子で俳優の征悦(ゆきよし)さんは、連名で「家族みんなで力を合わせて乗り越えたいと思っています。父の応援、よろしくお願いします」というコメントを発表した。

          ◇

 NHKは7日、BSハイビジョンで24日放送予定だった「小沢征爾 ウィーン最後の挑戦 モーツァルト『フィガロの結婚』完全放送」を中止することを決めた。同番組は、今月20日に現地での公演を収録する予定だった。

キャッチ&リリース
n1t3oxn8のブログ
モバイル ホームページ
現金化
クレジットカード現金化

<イノシシ>警官、拳銃で射殺…車にひかれ暴れる 金沢(毎日新聞)

 金沢市の住宅街で11日、車にひかれたイノシシ(体長約1.3メートル)が暴れ、駆けつけた石川県警金沢中署の警官2人が拳銃を計6発発砲して射殺した。

 同署によると、同日午前11時10分ごろ、同市伏見台1で「乗用車でイノシシをひいた」と市内の女性(71)から通報があった。近くの交番の男性警官2人と猟友会員らが駆けつけ、前輪に足を挟まれたイノシシをハンマーで殴ったところ、猟友会員にかみつくなど暴れ出した。巡査部長(55)が2発発砲するとイノシシは逃走したため、巡査(25)と追いかけ、2人でさらに計4発を発砲。約50メートル先の路地裏で射殺した。

 猟友会員は2人が足などに軽傷。同署の松井三十二副署長は拳銃の使用について「適正な職務執行だった」としている。【近藤希実】

【関連ニュース】
男性死亡:イノシシに襲われ? 岐阜の55歳、自宅近くで
イノシシ:電車にひかれ死ぬ 逃走中の暴れイノシシか
イノシシ:3人かまれけが 駅周辺などに出没 和歌山
イノシシ:乗鞍岳の高山帯に出現 高山植物の根食い荒らす
雑記帳:「とっしん汁」…イノシシ肉入り即席みそ汁 佐賀

アイフォン研究会
まさはるのブログ
現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
出会いランキング

政務三役給与、議員と同額に…上乗せカット検討(読売新聞)

 政府は、閣僚、副大臣、政務官の「政務三役」の給与について、議員歳費分を除く部分を支給せず、政府入りしていない国会議員と同額とする方向で検討を始めた。

 政務三役が率先して給与を減らすことで、民主党が政権公約(マニフェスト)で明記した「国家公務員の総人件費2割削減」の実現を後押しする狙いがある。

 閣僚などの給与は、特別職給与法改正案で、首相241万6050円、閣僚176万3190円、副大臣168万9480円、政務官144万270円と定められている。それぞれ国会議員の歳費(月額129万7000円)を除いた分が各省庁から支給される。現在、閣僚や副大臣となっている国会議員は、民間給与の動向などに合わせ、すでに給与の1割を返納している。

家庭菜園をはじめます
しょうじのブログ
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
カードでお金

自閉症の脳、神経機能が低下=PET画像で確認、世界初-浜松医大など(時事通信)

 自閉症の人の脳では感情などにかかわる神経の機能が低いことを、森則夫浜松医大教授らの研究チームが脳画像を基に証明し、5日、米専門誌「精神医学アーカイブス」に発表した。研究チームの中村和彦同大准教授は「脳障害の仕組みを明らかにしたのは世界で初めて」としている。
 研究チームは自閉症の成人男性20人と、健常な20人の脳を陽電子放射断層撮影(PET)で測定。うつ病にも関連する神経伝達物質セロトニンを伝える神経のうち、セロトニンの運搬を担うたんぱく質の機能が、自閉症の人は健常者より30%程度低いことが分かった。
 機能が低いほど、他人の気持ちが分からなかったり、特定の物事にこだわったりする症状が強かった。
 セロトニンの神経が弱ると、別の神経伝達物質ドーパミンを伝える神経が活発化することも判明。自閉症の人の感情が不安定なこととの関連が考えられるという。
 研究チームは「自閉症は育て方が悪いと誤解されがちだが、脳の障害であることが明確になった。予防や治療の方法が進むだろう」としている。 

としゆきのブログ
さかきのブログ
ライブチャット
ショッピング枠現金化
現金化口コミ

藤井氏辞任へ 鳩山政権「脱・財務省」?(産経新聞)

 藤井裕久財務相が辞任する見通しとなったことで、18日召集予定の通常国会での平成22年度予算案審議に影響が及ぶのは避けられない。野党・自民党は「脱官僚依存」を掲げながら、実際には「財務省主導」の予算編成だったことを徹底追及する構えをみせている。それだけに、その盾となるべき“良き理解者”を失う財務省には、動揺が広がっている。

                   ◇

 「今辞められると、本当に困る。特に国会答弁はある程度の見識や力量が必要だ」

 財務省幹部がこう話すように、省内の藤井氏への「信頼度」「忠誠心」は高い。旧大蔵省主計局出身で、細川護煕、羽田孜両内閣で蔵相を務めた経験もある。9月の政権発足前には省内で“藤井待望論”まで沸き上がったほどだ。

 民主党は先の衆院選で「政治主導」を標榜(ひょうぼう)し、新設の国家戦略室で予算編成の大枠を決めるとしていたが、財務相就任を控えた藤井氏は「個別の予算編成は財務相の専権事項」とクギを刺し、権力の源泉である予算編成権を死守した。

 藤井氏は閣内でも数少ない財政再建論者として知られる。22年度予算案は過去最大の92兆円超に膨張したが、新規国債発行額を44兆円台に抑えるなど、ほぼ政府目標に沿った形に収めさせた。税制改革の決定権を握る政府税制調査会の会長も務めており、財政再建に向けた抜本的な税制改革の議論でも、後ろ盾を失うことになる。

 22年度予算編成をめぐっては、事業仕分けやマニフェスト施策の切り込みなどで財務省が大きな影響力を発揮した。鳩山由紀夫首相も財務省主導を実質的に認め、「反省材料」にしている。国会の予算審議で、自民党が攻撃材料とするのは確実で、盾を失い、財務省が批判の矢面に立たされる恐れがある。

 後任について省内では、予算編成にかかわり、財政再建への理解も深い野田佳彦、峰崎直樹の両副大臣の昇格を期待する声が多い。しかし、ある幹部は「政治主導ですから」と、あきらめ顔だ。

 人選のカギを握る小沢一郎民主党幹事長は、予算編成での財務省主導に強い不満を持っているとされる。藤井氏の辞任を契機に鳩山首相が脱・財務省へと転換し、その意向が反映された後任人事への警戒感も強まっている。

p05qvtstのブログ
債務整理
債務整理・自己破産
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化

<島根女子大生遺棄>靴発見現場で拉致か 脱げ落ちた可能性(毎日新聞)

 広島県の山中で島根県立大1年、平岡都さん(19)=島根県浜田市=の遺体が見つかった事件で、平岡さんのものとみられる靴の発見現場で平岡さんが連れ去られた可能性があることが、捜査関係者への取材で分かった。

 島根・広島両県警の合同捜査本部には当初、靴の汚れが少ないことなどから、発見直前に捨てられた可能性が高いとの有力意見があったが、靴に木が覆いかぶさって雨から保護したことなどが判明。捜査本部は、靴が置かれた時期を特定するのは困難とみている。

 捜査関係者によると、靴は黒っぽいスニーカータイプで、左足用。昨年11月30日、アルバイト先からの帰宅路(約2キロ)沿いで自宅女子寮に近い側道の側溝で見つかった。平岡さんが行方不明になった10月26日の数日後に島根県警が同所を捜索したことや汚れが少ないことなどから、発見直前に置かれたとの見方もあった。

 一方、(1)靴の上に木が覆いかぶさって雨よけとなり、靴の劣化や汚れを防いだ(2)落ち葉を肥料用に集める人がおり、靴の上に積もった落ち葉が取り除かれた可能性がある--と捜査で判明。平岡さんが連れ去られる際に脱げ落ちた可能性も出てきた。

【関連ニュース】
【写真で見る】島根女子大生遺棄事件
<島根女子大生遺棄>複数の袋で遺体運搬か
<島根女子大生遺棄>プラスチック片は電話帳配布の袋
<島根女子大生遺棄>捜査にプロファイリング 専門家派遣
<島根女子大生遺棄>待ち合わせ形跡なし…遺体発見2カ月

My First JUGEM!
としおのブログ
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ
即日現金化

司法試験、年3000人合格の目標を下方修正へ(読売新聞)

 政府は、司法試験の年間合格者を「2010年ごろに3000人に増やす」という計画を下方修正する方向で見直す方針を固めた。

 無理に実現を目指せば、法曹界の質が低下しかねないためだ。法務、文部科学両省が今春にも有識者会議を設置し、適正な合格者数の検討を始める予定だ。

 「3000人計画」は02年3月に閣議決定され、裁判員制度の導入とともに司法制度改革の柱の一つとなっている。法務省の司法試験委員会は毎年、合格者数の目標を設定し、段階的な増員を図っている。06年に1009人だった旧司法試験を除く合格者は08年には2065人と倍増したが、09年は2043人と頭打ちになっている。これ以上のペースで合格者数を増やすと試験の質や合格最低点を下げることになるため、計画自体を見直すことにした。

 また、法科大学院も74校と当初の想定より増えており、教育水準の低下を指摘する声が強い。大学院修了生の7~8割が合格すると見込まれていたが、09年の合格率は27・6%にとどまり、合格率低迷が優秀な人材を確保する妨げになることへの懸念も出ている。

 有識者会議では、適正合格者数のほか、〈1〉法科大学院のカリキュラムの見直し〈2〉成績評価と修了認定の厳格化――などを検討し、11年にも結論を出す。政府は法曹人口の全体数や合格者数の目標を作成し、改めて閣議決定する方針だ。

毎日、日本ではこのような事が起こっています。
jack pot
モバイル ホームページ
競馬情報
自己破産
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。