スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<掘り出しニュース>壮観「ハーレー」イベントにぎわう (毎日新聞)

 【栃木】世界的な人気を誇る米国製大型オートバイ、ハーレーダビッドソンの展示商談会イベント「アメリカンワールドフェスタin宇都宮」が27日、宇都宮市元今泉6のマロニエプラザで始まった。会場は愛好家や家族連れなど約2000人でにぎわった。28日まで。

 100台以上のハーレーが所狭しと並んだ光景は壮観。年配の来場者や子供がまたがって、記念撮影したり、感触を楽しんでいた。静止した状態で、エンジン音や振動を楽しめる「タッチバイク」の体験では、免許を持っていない来場者が独特の低音に感嘆の声を上げていた。ハーレーの引き起こし体験もあり、希望者の列ができた。

 毎年試乗に訪れるという高根沢町の会社員、落合信久さん(50)は「国産にはない振動感があって、バイクらしさを感じる」と満足そうだった。午前10時~午後5時。入場無料。問い合わせは電話03・3457・0991へ。【松本晃】

コシヒカリ超えろ…新潟県、新品種を石垣島で栽培(読売新聞)
<内閣特別顧問>稲盛和夫氏に辞令(毎日新聞)
向精神薬 医師が元組員に30万錠横流し 営利目的で摘発(毎日新聞)
普天間移設、官房長官が県内移設を示唆(産経新聞)
自宅立ち寄りや飲食で便宜=容疑者に、警部補2人戒告-神奈川県警(時事通信)
スポンサーサイト

<人事>英国公使に林前内閣官房副長官補(毎日新聞)

 政府は23日午前の閣議で、英国公使に林景一前内閣官房副長官補を充てる人事(24日付)を決定した。

 外務省(23日)外務省事務従事・査察担当(ウルグアイ大使)竹元正美

首相発言「大きな後押し」 夫婦別姓で法相(産経新聞)
「やったぞ」地元沸く…長島「銀」・加藤「銅」(読売新聞)
小沢氏、政調復活に応ぜず=政策会議を機能強化(時事通信)
7億円超脱税容疑で弁護士ら3人逮捕 特捜部(産経新聞)
時効の撤廃・延長を答申=人命奪う罪に限定-法制審(時事通信)

「いまだに辛い…」イージス艦あたご 海難事故から2年(産経新聞)

 海上自衛隊イージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」が房総半島の野島崎沖で衝突し、千葉県勝浦市川津の吉清治夫さん=当時(58)=と長男の哲大さん=同(23)=親子が行方不明になった事故から19日で2年がたつ。突然、2人を襲った悲劇に、親族や同僚の悲しみは、今も癒えていない。(三宅令)

  [フォト]吉清さん宅近くから見える、勝浦の海

 「今は三回忌を無事に行うだけで精いっぱい。思いだすのが辛い。何も、何も、辛くて考えられない」と、吉清さんの親族の女性(52)は涙をにじませた。

 吉清さんが住んでいた勝浦を訪ねると、時折、雪風が舞っていた。「あの当時は、もっと寒かった。みんな凍えながら必死に2人を探したんだ…」と、地元の漁師は話す。「同じ海難事故でも遺体が見つからないと、気持ちは切り替わらない」とつぶやいた。 

 事故を受けて、2人が所属していた新勝浦市漁業協同組合は、海自側にイージス艦の照明を明るいものに代えてくれないかと要望を提出した。イージス艦は極力照明を落として航行するため、周りの船は接近して、はじめてその巨体に気付くこともあるからだ。

 しかし、申し出は国際法上の問題もあって受け入れられなかったという。

 「(国防にかかわる船が)周りを煌々(こうこう)と照らすわけにはいかないし」と、同漁協の外記(げき)栄太郎組合長は理解を示す。「画期的な対策というのはありえない。そんなのがあったらもう実施しているし、事故なんて起こらないと思う」。

 事故後、海自側は二度と痛ましい事故を起こさないよう、隊員の教育や訓練に力を入れている。 

 「何万人もいる組織だから、すぐに変わるというのは無理でしょう。でも、改善の努力をしてくれているのはわかる」と外記組合長。最後にこう締めくくった。「私たちも忘れないで事故に気をつける。それが一番大事なことだ」。

 ■イージス艦衝突事故 平成20年2月19日早朝、野島崎沖で航行中の海上自衛隊所属のイージス艦あたごと、操業中の漁船清徳丸が衝突。漁船は大破し、乗っていた吉清治夫さん=当時(58)=と長男の哲大さん=同(23)=の親子が行方不明となった。

 昨年1月の海難審判の裁決では、あたご側に事故の主因があると認定、再発防止の改善を求める勧告を出した。また、あたご側が適切な見張りを怠ったために衝突したとして、横浜地検は業務上過失致死罪などで当直責任者らを在宅起訴した。

【関連記事】
狭い海峡、船の難所 任務後…イージス事故と類似?
あたご衝突事故の報告書 関係者「何も言うことない」
イージス艦あたご衝突事故 海自2人を起訴
海賊対策「自衛隊が取り組むべき」63% 内閣府調査
イージス艦事故1年 吉清さん父子を追悼 海自も法要に参列

事務会合メンバーが原爆資料館訪問=広島・APEC(時事通信)
直接支払い、先送り検討=出産一時金で-長妻厚労相(時事通信)
<強制わいせつ容疑>元Jリーガーを処分保留で釈放(毎日新聞)
小沢氏、政策立案機関設置に難色示す(産経新聞)
<労働者派遣法>改正案要綱、17日に諮問(毎日新聞)

新国会議員会館にコンビニや託児所 テークアウト・カフェも計画中(産経新聞)

 7月20日にオープンする東京・永田町の衆参両院の新しい議員会館に、有名コーヒーショップや大手コンビニエンスストア、民営の託児所が設置されることになった。昔ながらの店舗の多かった議員会館もようやく「現代風」となる。

 コンビニは「セブンイレブン」が、3つの議員会館すべてで営業。新参院議員会館には、コーヒーショップの「タリーズコーヒー」やマッサージ・チェーンの「てもみん」、ビューティーサロンも入居する。初めてテークアウト・カフェの出店も計画中だ。

【関連記事】
小沢氏、恐怖の“大粛清計画”特捜解体 反小沢派は徹底冷遇
新議員会館 小沢氏のフロアはガールズと側近 「七奉行」は別階
美絵子センセイ資産0円、裸一貫のチャレンジ証明
元参院議員平野貞夫氏、小沢ガールズに苦言「しっかりせい!」
「力=金」ザル法を利用して党費独占

異常気象どうして? バンクーバー、雪不足深刻 ワシントン、大雪の原因は?(産経新聞)
<過労障害>元社員らに1億9400万円賠償命令 鹿児島(毎日新聞)
【ゆうゆうLife】診療報酬22年度改定 手術料引き上げ 病院収入底上げ(産経新聞)
泉大津でコンビニ強盗 (産経新聞)
今後5年はデフレ見込む=上場企業の成長率見通し-内閣府調査(時事通信)

ツシマヤマネコに楽園を、保護団体が山林購入(読売新聞)

 絶滅の危機にある国の天然記念物ツシマヤマネコを守ろうと、長崎県対馬市の保護団体が、島内で最も生息密度が高いとされる上県町北西部の民有林を購入し、独自に「保護区」をつくる取り組みを始めた。

 沖縄県・西表島のイリオモテヤマネコ(国の特別天然記念物)も含め、ヤマネコの保護区ができるのは初めて。「安心して住める山を」と、購入資金を募っている。(島居義人)

 1993年に発足した「ツシマヤマネコを守る会」(山村辰美会長、約340人)。1月までに民有林約4・5ヘクタールを購入したほか、さらに周辺の計約63ヘクタールを買い上げる予定という。一帯はスギやヒノキ、広葉樹が多く、ヤマネコが暮らしやすい山林。購入費は企業や団体からの助成金、会員らからの寄付金を充てた。

 この地域は93年に「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」が施行されたのを受け、環境庁(現・環境省)が保護区の設定を検討した。だが、当時は所有者らが木の伐採規制などを懸念し、実現しなかった。

 守る会は2000年3月から5年間、別の山林約320ヘクタールを無償で借り、ヤマネコの保護に取り組んだ。こうした実績がある守る会からの要請に所有者も応え、今回の買い上げが実現した。今後は観察路を設けたり、ヤマネコの餌となるネズミが好きなドングリやサツマイモなどを植え、環境調査なども行うことにしている。

 山村会長(65)は「引き続き寄付などの協力を訴えていきたい」と話している。問い合わせは山村会長(0920・84・5100)へ。

<将棋>王将戦第4局 羽生、突然の開戦(毎日新聞)
「ブラッドパッチ」の保険適用を要望―脳脊髄液減少症研究会(医療介護CBニュース)
<地震>釧路市などで震度2 午前10時15分ごろ(毎日新聞)
北教組の違法献金事件 民主に動揺広がる(産経新聞)
<民主党>「政府一元化」事実上修正 政策決定に関与強める(毎日新聞)

HISのハステンボス支援 破綻回避の暫定的措置?(J-CASTニュース)

 経営不振に陥り、存続の危機に直面していた長崎県佐世保市の大型リゾート施設「ハウステンボス」(HTB)に対し、旅行業大手エイチ・アイ・エス(HIS、東京都新宿区)が経営支援することが決まった。HTBの破産・閉園の可能性はひとまず消えたが、HISの支援決定は「3年後も赤字なら撤退できる」など「逃げ道」付き。支援企業になったとはいえ早期に手を引くこともあり得るという不安定な体制で、HTBの経営不安が再燃する恐れもある。

 HISが支援する条件として、佐世保市は固定資産税・都市計画税に見合う支援交付金約9億円を10年間交付するという手厚い優遇策を実施。HTB内の一部の排水処理や道路も公有化し、HISの負担軽減に努める。

■黒字化できない場合「撤退あり得る」の条件付き

 また、HTBの親会社、野村プリンシパル・ファイナンス(PF)が全額減資した後、HISが20億円、九州電力やJR九州など福岡市の主要企業4社が計10億円を出資し、官民挙げてHISを支える。

 HTBの支援企業探しは難航を極めた。そもそもは野村PFが業績改善しないHTBに見切りをつけ、撤退する方針を決めたことが始まり。野村PFは支援企業を求め、複数社と交渉したが、いずれも2009年10月までに失敗。「やる気を失った」(関係者)という野村PFに代わり、焦った佐世保市が独自に福岡経済界やHISにそれぞれ支援を要請。しかし経営リスクは高く、福岡経済界は「株主に説明できない」などとして支援を見送った。

 HISは当初、積極的にやる気を見せていたが、資産査定の結果、HTBのホテルなどが予想以上に老朽化しており、修繕費が支援の目安となる100億円を大きく上回る見通しと判明すると、急速に熱がさめた。1月後半には「支援断念」の方針を固め、支援企業が見つからないHTBは破産手続きに移行する可能性が高まっていた。

 そのHISの判断をくつがえしたのが「撤退条件」だ。佐世保市やHTB側は、施設修繕費が予想以上に膨らんだ場合や3年間経営しても黒字化できない場合は「撤退もあり得る」との条件を容認、これでリスク回避が実現し、HISは支援に乗り出す決意をした。

■1992年の開業以来、一度も黒字化したことがない

 結局、HISの支援決定は、HTBの破産・閉園を当面避けるためだけの暫定的な対応のようにしか見えない。HISは将来、HTBに東洋一のアウトレットモールを建設し、中国などから観光客を呼び込むとの構想を示したが、実現の見通しは遠い先の話だ。HTBは92年の開業以来、一度も黒字化したことがなく、まずは業績改善の地道な対策が必要だが、激減する来園者を呼び戻す秘策は見当たらない。

 HISの沢田秀雄会長は2010年2月12日の会見で、「撤退は最悪の場合であり、全力でやらせていただく」と強調した。しかしこのままHTBが赤字から抜け出せなければ、HISは数年後、実際に「撤退条件」をかざして身を引くこともある。そうなれば公費である支援交付金は無駄に捨てられることになる。HISの支援決定は、HISだけでなく、佐世保市など地元の重い責任も伴っている。


■関連記事
ハウステンボス再建難航 存続自体が危ぶまれる : 2009/10/19
「ハウステンボス」に「カジノ」 鳩山発言で設置機運高まる : 2009/06/23
ディズニー縫いぐるみ大人気 ネットで高値、「海賊版」出現 : 2010/02/05
ひこにゃんモテモテ バレンタインチョコ224個届く : 2010/02/15
ラモスの息子、日本代表に吠える 「なにもたもたやってんだよ!」 : 2010/02/15

過労で寝たきり、会社に1億9千万円支払い命令(読売新聞)
大阪府医師会長に“民主寄り”伯井氏初当選 日医会長選に影響(産経新聞)
臓器移植あっせん、金沢大以外でも接触情報4件 厚労省調査(産経新聞)
<千葉・浦安市>サッカーの宮澤ミシェルさんを市教育委員に(毎日新聞)
公務員倫理「低い」29% 人事院が市民アンケート(産経新聞)

<本山葬>筒井寛秀さん=3月29日午後1時、東大寺本坊(毎日新聞)

 筒井寛秀さんの本山葬=東大寺長老・1月23日死去=3月29日午後1時、奈良市雑司町406の1の東大寺本坊。葬儀委員長は平岡昇修・同寺財務執事。

銀銅獲得!スピードスケートスーツはスケてません!(スポーツ報知)
YKK AP製ドアポストで事故=小1男児が手の甲切る-消費者庁(時事通信)
<雑記帳>エゾシカ使った新メニューで目黒選手を応援(毎日新聞)
新型インフル向けの枠組み創設=予防接種法改正へ提言-厚労省審議会(時事通信)
桜の温暖化で「開花なし」も 開花予想、気象庁撤退でどうなる(産経新聞)

2歳長男虐待死 父親に懲役11年判決(産経新聞)

 妻(34)と共謀し、2歳の長男をごみ箱に長時間閉じ込めて窒息死させるなどしたとして、監禁致死罪などに問われた建築業、菅野美広被告(34)の裁判員裁判の判決公判が18日、東京地裁で開かれた。井口修裁判長は「わずか2歳6カ月の尊い命が奪われ、結果は重大」として懲役11年(求刑懲役12年)を言い渡した。

 井口裁判長は「身動きができないほど狭いごみ箱に閉じこめており、監禁方法は死亡する危険性が高く悪質。犯行の大部分を行うなど重要な役割を果たしていた」と指摘した。

 弁護側は「長男がごみ箱から出たければ自分で出られると思っていた。死亡を予期していなかった」と寛大な刑を求めていた。

 判決によると、菅野被告は妻、理香被告=同罪で起訴=と共謀し、平成20年12月23日未明、自宅マンションの室内で長男、優衣ちゃんをごみ箱に入れてふたをした。さらに上からポリ袋をかぶせてゴムひもを巻き付け、ベランダや居間に同日夕方まで放置し、窒息死させるなどした。

【関連記事】
2歳児ごみ箱閉じ込め 監禁致死で両親追起訴
2歳児ごみ箱に閉じ込められ窒息死 両親を逮捕
児童虐待死再発防止へ 江戸川区が対応検証へ
見逃されたSOS…両親からの虐待で死亡した7歳男児の阿鼻叫喚
施設の虐待死、当局に責任 イラン国会の調査委員会

禁煙守らぬ職場や人に罰金 厚労省が内部で検討(J-CASTニュース)
警察への暴力相談、1月以降6回…宮城3人殺傷(読売新聞)
男性3人切られ1人死亡=簡易宿泊所で、男逮捕-警視庁(時事通信)
東京スカイツリー 高さ300m突破…墨田区で建設進む(毎日新聞)
あす男子フィギュア 関大コンビに「金」期待(産経新聞)

<日韓併合>「民族の誇りに傷」岡田外相、韓国側に見解(毎日新聞)

 【ソウル野口武則】岡田克也外相は11日、ソウル市内で韓国の柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商相と会談した。今年が日韓併合100年に当たることを踏まえ、「未来志向」の関係を強化することを確認。岡田氏は会談後の記者会見で、日韓併合を巡る歴史認識として「韓国の人々にとって国を奪われ、民族の誇りを傷付けられた」と踏み込んだ見解を表明し、その後の李明博(イ・ミョンバク)大統領との会談でも言及した。

 岡田氏の発言には、2国間の大きな懸案がない中、日韓併合100年の節目に韓国内の反日感情が盛り上がらないよう配慮するとともに、「アジア外交の強化」を掲げる鳩山政権の姿勢をアピールする狙いがある。

 ただ、柳氏が永住外国人に地方選挙権を付与する法案の成立に期待を表明したのに対し、岡田氏は「現在政府で検討中」と説明するにとどめ、韓国側には不満の残る形となった。天皇陛下の訪韓についても岡田氏は会見で「諸般の事情を踏まえて慎重に検討したい」とだけ述べた。

 一方、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題を巡って柳氏は共同会見で「普天間問題を超越し、未来志向的な観点で円満に解決されることを期待する」と早期の解決を促した。これに関し、岡田氏は記者団に「会談ではまったく議論になっていない」と述べた。北朝鮮が平和協定締結を求めていることについては「まず北朝鮮が非核化を実施することが重要だ」との認識で一致した。

五輪スピード 「育ての親」見守る 穂積、石沢選手(毎日新聞)
<明石歩道橋事故>今後の取り調べ、全面的可視化へ(毎日新聞)
<アップル>音楽配信サイトで身に覚えのない請求相次ぐ(毎日新聞)
検察側、無罪論告へ=きょう結審-足利事件再審公判・宇都宮地裁(時事通信)
北海道・余市岳で一時不明の6人、無事に下山(読売新聞)

確定申告 かけ声むなし? 鳩山首相「税金払って」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は15日、首相官邸で記者団に、16日から始まる所得税の確定申告期間を控えて「国民には当然税金を払っていただき、国民の暮らしを守る政治を作り上げていく」と指摘した。鳩山首相は実母からの資金提供問題で修正申告しており、「政治に対する信頼を回復させていかなければいけない。自らも戒めながら、この国をさらに良い国にしていくため、国民に税金をお支払いいただきたい」と述べた。【小山由宇】

【関連ニュース】
子ども手当:11年度は満額…首相「余裕の分」発言否定
鳩山首相:子ども手当財源「無駄の削減でできた余裕で」
鳩山首相:子育て父母が意見 「リアル鳩カフェ」で対話
鳩山邦夫氏:首相が母親に資金提供を求めたかは不明と説明
鳩山首相:解散政党交付金の寄付禁止に前向き姿勢

<男子高校生>後ろから背中刺される 徳島・JR阿波池田駅(毎日新聞)
橋下知事「命かけ伊丹空港に反対。国交相は理念ない」(産経新聞)
<漁船銃撃>船長2人を送検 北海道羅臼海保署(毎日新聞)
「小沢氏の責任ある」衆院予算委で鳩山首相 元秘書ら逮捕について(産経新聞)
ギャンブルでなく…知的トレーニング競馬のすすめ (産経新聞)

連続路上強盗で懲役6年6月=大阪地裁の裁判員判決(時事通信)

 通行中の男女を襲いクレジットカードやバッグなどを奪ったとして、強盗致傷罪などに問われた土木作業員馬場正信被告(43)の裁判員裁判で、大阪地裁(笹野明義裁判長)は9日、懲役6年6月(求刑懲役9年)の実刑判決を言い渡した。
 判決は「金欲しさの犯行で執拗(しつよう)、悪質」と指摘した。裁判員を務めた男性は判決後の記者会見で「量刑で被告の人生を決める負担が大きく、二度はやりたくない」と述べた。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
【特集】裁判員制度
3人刺傷で懲役30年求刑=弁護側は心神耗弱主張
運転手殺害で再逮捕へ=容疑者宅を連日捜索
元コンビニ店員の学生再逮捕=「ひったくり失敗、店の金盗む」

「つぶやきは秘書のやったことです」 81歳「ハマコー」ツイッター大人気(J-CASTニュース)
<JAXA理事長>米有人探査中止、日本への影響は限定的(毎日新聞)
銚子漁港支える戦力に官民交えた教育…千葉にみる「外国人労働者」を取り巻く現状(産経新聞)
<ノリタケ子会社>元社員9日逮捕へ 巨額横領容疑(毎日新聞)
船長2人を逮捕=位置情報切った疑い-海保(時事通信)

波元会長に懲役18年求刑=「空前の大規模詐欺」と検察側-「円天」事件、来月判決(時事通信)

 疑似通貨「円天」を使った健康関連商品販売会社「エル・アンド・ジー(L&G)」(破産)の巨額詐欺事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)罪に問われた元会長波和二被告(76)の論告求刑公判が8日、東京地裁(山口裕之裁判長)であり、検察側は「ほかに類を見ない空前の大規模詐欺の首謀者」として、懲役18年を求刑した。
 検察側は論告で、L&Gが集めた協力金は2000年以降で約1285億円に上ったと指摘。被告はL&Gの絶対的経営者として部下に犯行を指示した上、得た利得も少なくとも16億5000万円と突出して多く、刑事責任は重大だとした。
 一方、弁護側は最終弁論で、被告はだまして金を取る意図はなかったとして改めて無罪を主張した。公判はこの日で結審し、判決は3月18日に言い渡される。 

【関連ニュース】
「ふるさと牧場」社長に懲役12年=和牛商法詐欺
賭博店から派遣料収受=容疑で組長ら逮捕

「核なき世界」を議論=市民集会が開幕、内外のNGO-長崎(時事通信)
<通天閣>2・10(ニット)の日に手作りマフラーの贈り物(毎日新聞)
再編へ前途多難…中川元幹事長の勉強会、出席者冷ややか(産経新聞)
替え玉殺人・中国人妻の共犯男の控訴棄却(産経新聞)
<高校授業料>滞納分を無利子で融資 厚労省が特例で(毎日新聞)

前夜に女性の怒声、警察通報も…宮城3人殺傷(読売新聞)

 男女3人が次々に刃物で刺され、女性2人が死亡した。宮城県石巻市の民家で10日朝に発生した殺傷事件。静かな住宅街は物々しい雰囲気に包まれ、住民らは惨劇に驚いていた。

 この民家では前日夜も、パトカーを呼ぶ騒ぎがあったという。刺した少年(18)は少女を連れて車で逃げており、宮城県警は行方を追っている。

 宮城県石巻市清水町の現場近くの住民によると、南部かつみさん(46)は約5年前、亡くなった長女の美沙さん(20)、連れ去られた次女の沙耶さん(18)と3人で引っ越してきた。その後、両親が同居し、現在は、かつみさんと母親(73)、昨年10月に生まれた沙耶さんの娘(4か月)の女性ばかり5人暮らしだった。県警によると、少年はかつて沙耶さんと交際していた。

 近所の男性(35)によると、7日夜に南部さん宅から、若い女性が「あんた、何なのよ」とどなる大きな声が聞こえたという。「普段は静かな家なので心配していたが」と話した。

 現場周辺は10日朝から騒然となった。近所の女性は「3台の救急車が来て、それぞれに人が運ばれるのを見て、大変なことが起きたことが分かった。まだ犯人が逃げているというので怖い」と話した。

 近くの男性(48)は救急車のサイレンで南部さんの家を見に行ったところ、家の中から若い男女3人が運び出されるのを見たといい、「まさかこんな田舎で殺人事件とは」と驚いていた。

 近所の人によると、9日夜に何らかのトラブルがあり、南部さんの家にパトカーが来ていた。

 連れ去られた沙耶さんの中学時代の先輩という女性(20)は、「沙耶さんは中学の時から明るく元気。今は“ママ友”としてつきあっていた」と話した。

 別の女性(40)は、昨年末に沙耶さんと道で会った。赤ちゃんを連れていたので、「どっち?」と聞くと「女の子です」とうれしそうに話していたのを覚えているという。

 刺した少年は車に沙耶さんを乗せて逃げているとみられ、宮城県警は高速道の各インターチェンジにパトカーを配備するなどして行方を追っている。

ホンダ、全世界で44万台追加リコール=国内4000台、エアバッグ不具合で(時事通信)
対北朝鮮、連携強化=外相、韓国大統領と会談(時事通信)
安倍氏会長の研究会が「創生『日本』」に名称変更(産経新聞)
<インサイダー取引>GWG子会社元会長に実刑判決(毎日新聞)
支援者に議員辞職否定=石川議員(時事通信)

「時効廃止」案 月内にも答申(産経新聞)

 公訴時効制度の見直しを検討している法制審議会(法相の諮問機関)の刑事法部会が8日、開かれ、人を死亡させた罪のうち、最高刑が死刑の罪を時効制度の対象から外し、現在時効が進んでいる事件にも適用するなどとした法改正の要綱骨子案を部会の賛成多数で取りまとめた。2月中にも開かれる法制審総会での議論を経て千葉景子法相に答申される見通し。時効廃止を盛り込んだ刑事訴訟法改正案が今国会に提出される可能性が高くなった。

 取りまとめられた骨子案では、最高刑が死刑に当たる罪(殺人、強盗殺人など)に関しては「時効を廃止」し、それ以外の人を死亡させた犯罪は時効期間をおおむね現行の2倍に延長するとした。

 たとえば「無期の懲役・禁固」に当たる強姦(ごうかん)致死、強制わいせつ致死などは現行の15年を30年▽「有期刑の上限である20年の懲役・禁固」に当たる傷害致死、危険運転致死は10年を20年▽「その他の懲役・禁固」に当たる自動車運転過失致死、業務上過失致死などは5年を10年に、それぞれ延長するとした。

 これらの廃止・延長規定については、時効が進行中の事件にも適用されるとした。たとえば東京都八王子市のスーパーで平成7年、女子高生ら3人が殺害された事件の時効は今年7月に迫っているが、今回の案では時効は廃止されることになる。すでに時効が成立した事件は対象外となる。

 部会の決定を受け、全国犯罪被害者の会「あすの会」の岡村勲代表幹事は「時効の廃止延長と、これが過去に起きた犯罪にもさかのぼって適用されることは、犯罪被害者の悲願。一日も早い法整備を期待する。死亡させた罪だけではなく、重い障害を伴う犯罪についても対象とするように、検討を願いたい」とのコメントを発表した。

<田村参院議員>民主入りへ 昨年、自民離党 小沢氏と会談(毎日新聞)
大久保被告が保釈請求(産経新聞)
鳩山首相に「小沢乳離れ」説 「枝野行政刷新相」起用との関係(J-CASTニュース)
夜勤72時間ルールの“救済案”、「根本的な解決にならない」―日医・中川常任理事(医療介護CBニュース)
<内閣府世論調査>死刑容認が85.6%で過去最高に(毎日新聞)

鳩山首相、人権侵害救済法案の早期提出表明 言論統制の危険性も(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は3日の参院本会議での代表質問に対する答弁で、民主党内で検討されている人権侵害救済法案(旧人権擁護法案)について「できる限り早期に国会に提出できるよう努力を約束する」と表明した。また、「差別問題をはじめ数々の深刻な人権問題が後を絶たない。人権救済機関の創設は非常に重要だ」と必要性を強調した。民主党の松岡徹氏の質問に答えた。

 首相が同法案の提出に強い意欲を示したことで、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案や夫婦別姓法案と合わせ、与野党の保守系議員らが「日本を日本でなくする国家解体法案」と指摘してきた3つの法案が今国会でそろい踏みする可能性が出てきた。

 民主党の救済法案は、各省庁の上位に、独立性が高く他の機関のチェックの及ばない「第2の司法機関」ともいうべき人権侵害救済機関を設置することを柱としている。

 かつて自民党政権も党人権問題調査会を中心に法整備を検討し、平成20年に法案(太田誠一調査会長私案)をまとめたにもかかわらず、結局は国会提出に至らなかった。人権侵害防止は他の法令で可能とされる上、法案は肝心の「人権侵害の定義があいまい」で「救済機関の権限が強大」と指摘されたためだ。また、公権力による民間の言論活動への介入の根拠となるだけだとの意見も多数出された。

 一方、民主党は昨年の衆院選マニフェストで「人権侵害救済機関の創設」などを掲げ、千葉景子法相は就任直後の9月17日の記者会見で、「国際的にみても(設置が)当たり前の機関だ。実現に向けて早急に取り組みたい」と語っていた。

 ただ、民主党案は自民党案よりさらに大きな問題点も指摘されている。1つは、焦点の救済機関を自民党案の「法務省の外局」ではなく、首相官邸直結の「内閣府の外局」に設置することだ。政府と党の一体化を進める民主党政権では、党の意向がより反映されやすい。さらに、救済機関を中央だけでなく、各都道府県に置くことや、立ち入り調査などを行う人権委員に国籍要件を設けないため、外国人の就任も可能とされることも問題視されている。

 救済機関は、人権侵害の申し立てがあれば、立ち入り調査のほか、調停や仲裁、勧告、公表、訴訟参加など国民生活の隅々にまで介入・干渉する司法権を持つ。また、報道機関には努力義務を課すなどメディア規制色も強い。

 これらは、民主党の支持団体である部落解放同盟の要望をほぼそのまま取り入れたものでもある。このため、「人権救済とは名ばかりで、政府や特定団体による『人権抑圧法』だ」(野党議員)との批判もある。(小島優)

【関連記事】
首相、小沢氏の幹事長続投は「この段階で至極自然」
礼賛、思い出話、居眠り…緊張感ゼロ“お遊戯国会”
民主党内バトル勃発!辞任論噴出に小沢氏陣営は怒り心頭
高速道 37路線50区間 6月めど無料化
国の経営感覚もたない鳩山政権

日本ビクター、海外事業で不適切会計(読売新聞)
タミフル違法広告、4日に逮捕=輸入代行業者ら6人、ネットで宣伝-大阪府警(時事通信)
小沢氏、辺野古近くに土地…「普天間」合意後購入(読売新聞)
財源確保、公約通りにいかなかった=「時間的余裕」言い訳に-鳩山首相(時事通信)
<名古屋ひき逃げ>ブラジル人の携帯 遺棄車内から(毎日新聞)

強風、大雪に警戒呼び掛け=北・東日本で冬型続く-気象庁(時事通信)

 日本列島は6日午後、北日本と東日本を中心に強い冬型の気圧配置が続き、各地で大雪が降った。気象庁は7日明け方にかけて、北日本と北陸を中心に雪を伴った非常に強い風が吹き、海は大しけになる見込みだとして、警戒を呼び掛けた。
 新潟空港は6日、雪のため終日閉鎖。全日空は新潟や大館能代(秋田県)などの空港を発着する計66便、日本航空も計20便が欠航となった。JRは、東北新幹線で最大約30分、東海道新幹線で約10分の遅れが出た。
 7日午前0時現在の積雪は、新潟・十日町で295センチとなった。同時刻までの24時間降雪量は、多い所で、群馬県で78センチ、長野県で60センチ。
 新潟市西区では、雪による視界不良で国道116号が通行止めとなり、迂回(うかい)した多くの車が立ち往生し、一時84人が避難するなどした。
 7日午後6時までの24時間の予想降雪量は群馬県が70センチ、長野県が60センチ、北海道、東北、北陸が50センチ、岐阜県が40センチ。
 北陸と東北の日本海側では6日夜遅くにかけ、北海道では7日明け方にかけて、雪を伴った非常に強い風が吹く見込み。 

【関連ニュース】
【特集】初代0系新幹線、殿堂に登場
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
【特集】鉄道写真館
【Off Time】青森で りんごの香りに包まれる
〔写真特集〕鉄道博物館の世界

ツーコインで糖尿病検査の新サービスを開始-ケアプロ(医療介護CBニュース)
携帯から金・銀 ドコモの自己循環リサイクル(産経新聞)
車から特殊工具 名古屋 ひき逃げ窃盗にも関与か(産経新聞)
雪あかりの路 小樽の町に、運河に、キャンドルの灯(毎日新聞)
殺害準備の過程を詳細に書き込み「準備完了」(産経新聞)

<山崎拓氏>離党しない意向表明(毎日新聞)

 自民党の山崎拓前副総裁は4日、会長を務める山崎派の会合で「党再建への協力のあり方の具体論について(党執行部で)着々と話し合いを進めていただいている。結果がまとまりしだい改めて報告する」と述べ、離党しない意向を事実上表明した。同党のシンクタンク「総合政策研究所」の所長に近く就任する見通し。

【関連ニュース】
谷垣自民総裁:定年制厳守を3氏に通告…将来見直しは含み
自民党:谷垣総裁、山崎拓氏と会談 非公認を直接伝える
自民党:比例公認「70歳定年制」厳守 党内意見を考慮
山崎前副総裁:公認問題決着後、進退自ら判断
自民党:「70歳定年」賛否相次ぐ

運転の男が逃走指示か=同乗者供述、名古屋ひき逃げ-愛知県警(時事通信)
「法令違反はない」小沢氏献金で、鹿島社長が強調(産経新聞)
小沢氏、続投に改めて意欲(産経新聞)
「実質ゼロ改定」報道に見解―厚労省(医療介護CBニュース)
陸山会土地購入 小沢氏不起訴の方向で検討 東京地検(毎日新聞)

東京・台東区保健所係長、電車内置き引き容疑(読売新聞)

 埼玉県警浦和署は6日、さいたま市岩槻区美幸町、東京都台東区保健所庶務係長、吉岡雅之容疑者(58)を窃盗容疑で逮捕した。

 発表によると、吉岡容疑者は5日午後9時20~30分頃、JR宇都宮線の下り電車内で、さいたま市緑区の会社役員男性(62)が棚に置いたLED電球など商品3点(計5980円相当)入りの紙袋を置き引きした疑い。

 当時は酒に酔っており、「よく覚えていない」と供述しているという。

北朝鮮不正輸出事件初公判 貿易会社役員ら起訴内容認める(産経新聞)
寝ている妻に火…会社員逮捕 茨城(産経新聞)
インフル休校、1月最後の週は3割減(読売新聞)
<鳥取不審死>矢部さんの事件も強盗殺人容疑での立件へ(毎日新聞)
朝青龍「いい形を選んだ」=NHK会長(時事通信)

石川議員起訴なら辞職勧告案=提出で一致-自公国対委員長(時事通信)

 自民党の川崎二郎、公明党の漆原良夫両国対委員長らは2日夕、国会内で会談し、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で逮捕された元秘書の石川知裕衆院議員が起訴された場合、議員辞職勧告決議案を衆院に提出することで一致した。4日に検察の判断が示されるのを待って、民主党を除く各党に賛同を呼び掛けていくことも確認した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~4億円「知人から預かった」~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

居酒屋に車突っ込み4人けが、1人心肺停止(産経新聞)
朝青龍は不在、成田山新勝寺で豆まき(読売新聞)
<天皇陛下>葉山での静養中止 のどの痛みや腹痛の症状(毎日新聞)
診断基準策定求め要望書-「脳脊髄液減少症」支援の会(医療介護CBニュース)
厚生年金の脱退手当金、19万人支給漏れ(読売新聞)

鳩山首相、財政悪化に「ビジョンしっかり作る」 参院決算委(産経新聞)

 参院決算委員会は4日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席して平成20年度決算に関する質疑を行った。首相は、22年度末で1千兆円に迫る見通しとなった国の債務残高について「とてつもない額になってきているのは非常に由々しき問題で、先進国の中で最悪だ。短・中・長期のビジョンをしっかりと作り上げることが新政権の大きな課題だ」と述べた。

 また、中央省庁や地方自治体で不適正経理が蔓延(まんえん)している実態について「国民からみれば、とても許されることではない。新政権ではなくなるように最善の努力をしたい」と述べた。民主党の柳沢光美、那谷屋正義両氏の質問に答えた。

 午後は自民党の丸山和也氏ら野党議員が質問に立ち、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件などを追及する。

【関連記事】
長期国債格付け見通し引き下げ 財務相「抜本改革で健全化」
国の借金、10年度末に973兆円 国民1人あたり763万円
編集委員・田村秀男、脱デフレ財源プランを提案
国債発行総額、空前の162兆円 前年度から30億円増加
年度末の国債残高初の600兆円 遠のく財政再建、埋蔵金頼み限界

首相「冷静に見守る」…小沢氏進退巡る発言(読売新聞)
早朝の東海道新幹線、一時運転見合わせ(読売新聞)
木嶋被告「レンタカーで来て」と被害者にメール(読売新聞)
【中医協】療養入基料、看護配置と重症度で2段階に(医療介護CBニュース)
船田前衆院議員が新潮社提訴(産経新聞)

普天間、県内移設認めず=福島社民党首(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は29日午前の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先を「あらゆる選択肢を検討している」とした政府答弁書について、「わたし自身としては、(同県名護市)辺野古に造らないと回答してほしいと思う」と述べ、県内移設を認めない立場に変わりはないことを強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~東京地検、小沢事務所から2000万円押収~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

タクシー会社が「花粉症通院休暇」導入へ(医療介護CBニュース)
航空トラブル NZ機が離陸滑走中に急停止し煙 成田空港(毎日新聞)
<沖縄ひき逃げ>米兵を追起訴 読谷村・男性死亡(毎日新聞)
休校や学級閉鎖、前週の3倍=インフル、学校再開で増加-厚労省(時事通信)
「刺された!」「あいつ、やばい!」響く怒声、制圧試みるも…(産経新聞)

橋下知事就任2年 「高支持率 内実伴ったものに」富野暉一郎・龍谷大教授(元逗子市長)(産経新聞)

 自治の考え方からいえば、住民が「自分たちで、新しい大阪府をつくる」との思いを持つことが理想だが、実際は難しい。府民は「誰かに府を良くしてもらいたい」という思いがあり、強いリーダーシップを発揮する橋下知事の登場がその思いと適合した。ときに過激で、品のない発言をすることもあるが、クリーンでしがらみもないのが人気の秘訣(ひけつ)だろう。

 83・2%という支持率はほぼパーフェクトといってもよい高さだが、「賛成が多いから何をしても良い」という理屈が一人歩きすると、独裁政治を生む恐れがある。過去の独裁政治を振り返っても当初は大衆の高い支持を受けていた。

 支持率の高さを内実の伴ったものにするためには、課題についても考える必要がある。

 まず、知事には政治家と行政のトップという二つの顔がある。政治と行政の比率は「2対8」と言われることもあるが、橋下知事は政治家としての発言が多い。意見を述べることも大事だが、現状のルールや仕組みを軽視しすぎるのが気にかかる。トップがルールを無視すれば、仕組みが崩れかねない。

 第2に、体系的政策をつくるのが不得手なのではないか、ということがある。

 橋下知事は問題点を顕在化させ、事態を変える力がある。ただ、「モグラたたき」のように、問題が出るたびに対処しているように映り、政策がどう結びついているのか見えにくい。

 知事ひとりがすべてをするのは難しいので、「一人だけが頑張る」というやり方ではなく、もっと組織的に智恵を集める方法を導入するべきだ。府庁内部だけでなく、外部に頼るのも方法。しっかりと知事に直言できるブレーンを持つことが大切だ。

 第3に議会との関係。「自分を支持する議員を増やす」という動きばかりに傾注するのは良くない。議会をチェック機関として機能させるためには、議会が知事のいいなりになってはだめ。権力の集中ではなく、権力の分散こそが民主主義の原則だからだ。 (談)

【関連記事】
「槙尾川ダム」視界不良 橋下知事近く再交渉
児童文学館の資料70万点の搬出始まる 橋下知事が廃止
大阪・槙尾川ダム 継続か中止か悩む橋下知事
橋下知事「大阪府しっかり連携を」 大震災備え大規模訓練
府立図書館の土地所有権、橋下知事が大阪市有地と認める

山崎氏らに非公認伝達=党結束へ「70歳定年制守る」-谷垣自民総裁(時事通信)
小規模局の監督・検査手法を検討=郵政見直し、民業圧迫に配慮-亀井担当相(時事通信)
悔い無き最期、迎えるために 求められる「死の予習」(産経新聞)
有料充電器マルチ商法、元社長ら6人逮捕(読売新聞)
野田財務副大臣「子ども手当満額支給は困難」(読売新聞)

<参院代表質問>「党内の民主主義は健全」鳩山首相(毎日新聞)

 衆院は1日の本会議で、鳩山由紀夫首相の施政方針演説など政府4演説への各党の代表質問を始め、自民党の谷垣禎一総裁と石原伸晃組織運動本部長が質問に立った。谷垣氏は鳩山政権の運営を小沢一郎民主党幹事長の「独裁」と追及。「小沢独裁に堕した鳩山政権の正統性はもはや失われている」と批判した。鳩山首相は「健全な党内民主主義を貫いている」と述べて「小沢独裁」を否定。「私は行政の長として責任、指導力をしっかり発揮していく」と強調した。

 谷垣氏は、増大する社会保障費の安定財源の確保に関して、超党派の「社会保障円卓会議」を設置するよう提案した。だが、鳩山首相は「必要なら将来的に考えていきたいが、まずは国会で審議するのが妥当」と応じなかった。

 代表質問は衆院が2日まで行われ、参院が2、3両日行われる。【野原大輔】

【関連ニュース】
小沢幹事長:再聴取受ける 立件なら辞任示唆
岡田外相:普天間を使用継続「他になければ」 首相は否定
衆院代表質問:「鳩山政権は小沢独裁」…谷垣氏が追及
鳩山首相:小沢氏事件捜査「冷静に見守る」
毎日新聞世論調査:民主党内の体制 有権者は不信感強める

<みんなのニュース>ワンにゃんバー 首輪やちらしに書いて安心の電話番号(毎日新聞)
市川海老蔵さん 小林麻央さんとの婚約で会見 挙式は7月(毎日新聞)
阿弥陀如来像、浄土宗に戻る=法然800年忌前に-京都(時事通信)
「政治とカネ」、第2ラウンドへ=1日から代表質問-衆院(時事通信)
小沢氏続投、支持相次ぐ=事情聴取受け閣僚が発言(時事通信)

「頑張れること見つけて」=日本人学校で若田さん-バンコク(時事通信)

 【バンコク時事】宇宙飛行士の若田光一さんが28日、長期滞在した国際宇宙ステーション(ISS)での生活などについて、タイのバンコク日本人学校で講演し、児童らに「自分の興味のあること、これならつらくても頑張れるということを見つけてほしい」と話した。
 講演には小学6年生約200人が参加。若田さんが写真やビデオ映像を使って宇宙での生活や無重力状態などについて説明すると、熱心に聞き入った。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト

後藤真希さんの母転落死=自宅3階から-東京(時事通信)
新聞配達女性、死因は窒息=殺人で捜査本部-山梨県警(時事通信)
普天間、5月決着に悲観論=「法的措置」発言が波紋(時事通信)
<花巻市長選>大石満雄氏が再選(毎日新聞)
<可視化研究会>2月5日始動 捜査手法2年かけ検討(毎日新聞)

公務員II、III種試験の日程発表=人事院(時事通信)

 人事院は29日、2010年度国家公務員採用II、III種試験の日程を発表した。一次試験はII種が6月20日、III種が9月5日。申し込み受け付けはII種が4月10日から同21日まで、III種が6月22日から同29日までとなっている。
 III種は、行政事務区分について沖縄地域での募集を休止。建築、化学、農業3区分は昨年度に引き続き全地域で募集を休止する。 

【関連ニュース】
社保庁職員525人が分限免=組織改廃に伴い45年ぶり
分限免職処分、500人に=社保庁廃止に伴い初の大量解雇
167人が合格=国家公務員の中途採用試験
総裁らの給与下げ=日銀
肝炎対策法が成立=インフル、返済猶予法も

<新型インフル>ワクチン接種後に死亡…「因果関係あり」初(毎日新聞)
五島沖・「第2山田丸」沈没 救命胴衣290キロ漂流 鹿児島・吹上町で発見(西日本新聞)
メッセージ展 被害者遺品に受刑者も涙 東京・立川拘置所(毎日新聞)
<航空機部品落下>エンジンの「腐食、破断」と報告書 成田(毎日新聞)
<センター試験>追試、過去最多の972人(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。